忍者ブログ
2017 04
≪ 2017 03 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



久々の同人活動です。
オリジナル超ソフトBL漫画「ダチ~弐~」を執筆しました。
もし興味のある方はぜひいらしてください♪

「時の過ぎ行くまま」のRink 様☆に誘っていただき、久々にペンを取りました。
オリジナルBLのJ庭に出店ながら全然BLっぽくない漫画ですが描きました。

B5 24P 自宅コピー誌です。価格未定。











宜しく♪

☆誠☆

拍手[0回]

PR


イラストが描けなくて、余裕もなくて、イベントも行ってません。
でも、やっと数枚描けました。

PCを新しくしたら、色塗りが出来なくなり、完全アナログ仕上げです(笑)
珍しく女の子

最近は朝ドラにもはまってます。



あまちゃん☆可愛いです♪

拍手[0回]



NHK総合にて3月23日・30日(土)夜9時から
「火怨・北の英雄 アテルイ伝」
放送されます♪♪♪

大河ドラマ「八重の桜」は毎週見ていますが、
この「アテルイ伝」も東北の話。
しかも、人気ある幕末の有名どころではなく、
平清盛くんの時代より遡り、平将門よりも遡った時代。

大和朝廷に疎まれた蝦夷の話。
歴史書にもホンの一文字ぐらいしか書かれていなかった阿弖流為。
 
去年の大河ドラマ「平清盛」はよく分らない時代だからつまらないとか
視聴率悪かったみたいですが、そんなの関係ない!
すごく面白く見ていましたが、
それよりさらに分らない時代に焦点を当てた物語にワクワクでした♪

そんなわけで、「阿弖流為伝」第2弾は
阿弖流為の副将 母礼(モレ)北村一輝さんでした♪

2bb607a8.jpeg

 























只今原作本「火怨 北の耀星アテルイ」を読んでいます。
が、
もともとあまり本を読まないので、読みきれるかな??
まあ、「龍馬伝」や「新撰組血風録」とかは読んだけどね(笑)
 
 

拍手[0回]



1月から2月にかけてBSプレミアムで4回にわたって放映された
「火怨・北の英雄 アテルイ伝」を見てもの凄く興味がわいた。
東北の歴史はほとんど知らなく、ましてはあてるい??って何?えみし・・・?
何か聞いたことはある!と言う程度でした。

東北と言えば、今年の大河ドラマ「八重の桜」
こちらは舞台が会津と言う事で毎週楽しみに見ていますが、
そのNHKの番組宣伝で、BSプレミアムで
「火怨・北の英雄 アテルイ伝」を大沢たかおさんがやるって事で、
しかも、仁先生とはまた違ったワイルドな(これこそ本当に・・・笑)
いでたちで目を惹かれ楽しみにしていました。

しかし残念ながら、BS放送はあまり見る習慣がなく、気がつけば第1話を見損ないまして、
それでも必死に第2話から見ましたら・・・
面白いじゃないか!!

またしても知らない時代にタイムスリップではまりまくりました(笑)

画像

阿弖流為(アテルイ)
胆沢・大墓の族長の息子。
「蝦夷」と呼ばれ大和朝廷から蛮族と言われ忌み嫌われた人々。
族長の息子である阿弖流為は蝦夷の幸せな生活を取り戻す為、侵略者・大和朝廷と戦う決心をする。

阿弖流為(あてるい)…大沢たかお 胆沢・大墓の族長の息子。本ドラマの主人公である。
弓の名手。騎乗時の弓の上手さは抜群。胆沢の山河を愛する。無理に連れて行かれた妹・阿佐斗(あさと)の奪還の為、呰(あざ)麻呂(まろ)の乱に加勢、記憶を失った阿佐斗を目の当たりにし、初めて朝廷の力とその理不尽さに気付き、朝廷との戦いに突き進む。

NHK公式HPより

火怨・北の英雄 アテルイ伝


さて、このドラマ、いよいよ3月23日(土)30日(土)の21時からNHK総合にて前後編で放映されるらしい。
(やった~~♪)
見てない方も必見です!!
これも萌えますよ♪♪♪

ちなみに原作本もアマゾンで購入しちゃいました。(正直読みきれるか心配ですが・・・)
それに原作をだいぶはしょってドラマにしたみたいなのでちょい心配ですが・・・

最近、震災復興支援の影響か、東北地方にまつわるドラマ等が多く見受けられます。
知らなかった東北の歴史を垣間見てとってもわくわくです♪♪♪

阿弖流為かっこいい♪♪♪


拍手[0回]



先日重盛くんネタを描きましたが、やはりあれで収まらず・・・
☆清盛くんシリーズ☆
因縁あれから四十年後でございます・・・


忠と孝の狭間に立ち、心労の末、清盛くんの嫡男で長男の重盛くんが世を去りました。
最後のシーンは後白河法皇が病床の重盛くんに会いに来て、重盛くんの願いを聞く・・・
忠臣の最後のお願いを聞くと言う良いシーンだったはず・・・が、
またしても気まぐれな意地悪心を出した後白河院(過去、雅仁親王)
清盛入道と仲良くして欲しいなら、すごろくで自分(院)に勝て!
と病床の重盛くんにサイを振らせる。
重盛くん、病気で苦しみながらも必死にサイをふり、
すごろくで院に勝とうと努力する。
そんな時、清盛くん(清盛入道)が現れこの事態に驚愕する。



40年前のあの日、子どもながら荒れてばくちに手を出し、
身包みはがされ困っていた雅仁親王を清盛くんが屋敷に連れ帰る。
清盛くんの屋敷で雅仁親王、「すごろく」をはじめ「サイをふれ!」と清盛くんにつっかかる。
清盛くんもため息混じりに相手をするも、清盛くんの長男清太(後の重盛)がやってくる。
その清太を見た雅仁親王、すごろくで(清盛くんが)負けたら清太を(自分(雅仁親王)に)
くれ!と言い放ち清盛くんを困惑させる。
すると、その勝負のサイを幼き清太が振ってしまう。
結果、清盛くんが勝つ。


ところが、その清太の行為を心幼い雅仁親王が怒りすごろく盤を振りかざす。
その刹那、清盛くんは我が子を守りつつ雅仁親王に刃を向ける。
40年前の一連の騒動が頭をよぎる中、映像も40年前のあのシーンが・・・
因縁の三人。
やはり思い出されました。
この後重盛くんは亡くなります。
平家の滅亡は重盛が死んでから始まると言われているようです。
清盛くんの良心であった重盛くん。
彼は本当に真面目で一生懸命な人でした。
ある意味かなり気になる存在だった重盛くんシリーズでした(名前が変わっちゃった・・・笑)

重盛くん好きだった・・

 

拍手[3回]



HN:
性別:
非公開
自己紹介:
趣味でイラスト&漫画を描いています。
好物♪
硬派番長物&時代劇、侍物
BL系が多しですが最近食小気味・・・(笑)
R18物は別BLOG☆一刀両断☆にて
主な生息地は☆問答無用☆にて
両BLOGリンクを貼っています。↓
最近は大河ドラマ「平清盛」にはまりイラストを描きまくっています。
pixivの方にUPしまくっていますので、こちらも宜しく♪
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30