忍者ブログ
2017 09
≪ 2017 08 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先日重盛くんネタを描きましたが、やはりあれで収まらず・・・
☆清盛くんシリーズ☆
因縁あれから四十年後でございます・・・


忠と孝の狭間に立ち、心労の末、清盛くんの嫡男で長男の重盛くんが世を去りました。
最後のシーンは後白河法皇が病床の重盛くんに会いに来て、重盛くんの願いを聞く・・・
忠臣の最後のお願いを聞くと言う良いシーンだったはず・・・が、
またしても気まぐれな意地悪心を出した後白河院(過去、雅仁親王)
清盛入道と仲良くして欲しいなら、すごろくで自分(院)に勝て!
と病床の重盛くんにサイを振らせる。
重盛くん、病気で苦しみながらも必死にサイをふり、
すごろくで院に勝とうと努力する。
そんな時、清盛くん(清盛入道)が現れこの事態に驚愕する。



40年前のあの日、子どもながら荒れてばくちに手を出し、
身包みはがされ困っていた雅仁親王を清盛くんが屋敷に連れ帰る。
清盛くんの屋敷で雅仁親王、「すごろく」をはじめ「サイをふれ!」と清盛くんにつっかかる。
清盛くんもため息混じりに相手をするも、清盛くんの長男清太(後の重盛)がやってくる。
その清太を見た雅仁親王、すごろくで(清盛くんが)負けたら清太を(自分(雅仁親王)に)
くれ!と言い放ち清盛くんを困惑させる。
すると、その勝負のサイを幼き清太が振ってしまう。
結果、清盛くんが勝つ。


ところが、その清太の行為を心幼い雅仁親王が怒りすごろく盤を振りかざす。
その刹那、清盛くんは我が子を守りつつ雅仁親王に刃を向ける。
40年前の一連の騒動が頭をよぎる中、映像も40年前のあのシーンが・・・
因縁の三人。
やはり思い出されました。
この後重盛くんは亡くなります。
平家の滅亡は重盛が死んでから始まると言われているようです。
清盛くんの良心であった重盛くん。
彼は本当に真面目で一生懸命な人でした。
ある意味かなり気になる存在だった重盛くんシリーズでした(名前が変わっちゃった・・・笑)

重盛くん好きだった・・

 

拍手[3回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
性別:
非公開
自己紹介:
趣味でイラスト&漫画を描いています。
好物♪
硬派番長物&時代劇、侍物
BL系が多しですが最近食小気味・・・(笑)
R18物は別BLOG☆一刀両断☆にて
主な生息地は☆問答無用☆にて
両BLOGリンクを貼っています。↓
最近は大河ドラマ「平清盛」にはまりイラストを描きまくっています。
pixivの方にUPしまくっていますので、こちらも宜しく♪
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30